ソテームニエルはいずれもフランス語で、調理方法を指す言葉です。
   
ソテー

「ソテー」は、底の厚いフライパンバターなどの油脂を入れ、野菜などに比較的高温で火を加える調理方法で、日本語でいうところの「炒める」に近い調理方法です。
「ソテー」の材料は一般的に、調理時間を短くするために小さく薄く切られ、焼き色を付けるためや表面を固めるために軽く焼く場合も含まれます。

ムニエル

一方「ムニエル」は、魚の調理方法を指します。
舌平目やカレイスズキなど魚の切り身に塩、コショウで下味をつけ、小麦粉などの粉をまぶし、バター焼きにしレモン汁をかけます。
「ムニエル」は、魚の調理方法に限定されるため、豚肉やほうれん草の「ムニエル」というものは存在しません。


■ Wikipedia ソテー
■ Wikipedia ムニエル

「ソテー」はバターなどで材料を炒める調理方法
「ムニエル」は魚の調理方法で小麦粉をまぶしバターで焼く

「ソテー」と「ムニエル」の違いは?
Tagged on: