コーラ

突然飲みたくなる炭酸飲料の「コーラ」は、主にコカ・コーラペプシ・コーラがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

コカ・コーラ
「コカ・コーラ」は、1886年にアメリカ合衆国でジョン・ペンバートンが発明し現在は「ザ コカ・コーラ カンパニー」が製造販売するコーラの名称です。
法律で禁止されるまでは成分として微量のコカインを含むコカの葉と、カフェインを含むコーラの実の成分を炭酸水に混ぜ合わせたもので、その後コカの葉を除去し今の「コカ・コーラ」となりました。
現在ではどちらも主成分ではなく、レシピも公開されていないため原材料に関しては様々な都市伝説が飛び交っていますがカフェインが含まれていますので、頭痛に似たものと考えられています。
日本には1914年に輸入され、その後多くの有名人著名人がテレビCMなどに出演し大ヒットし、人気の清涼飲料水の地位を確立しました。
「コカ・コーラ」は、比較的「辛口」で炭酸が強くキレの強い味です。

ペプシコーラ
「ペプシ・コーラ」は、1894年にアメリカ合衆国の薬剤師ケイレブ・ブラッドハムが消化不良の治療薬として売り出した飲料で、現在は「ペプシコ・インコーポレイテッド」が製造販売する清涼飲料水の名称です。
日本には1947年に輸入が開始されましたが、一般販売は行われていませんでした。
一般に販売されるようになったのは1954年頃からで、「コカ・コーラ」と同様、有名人・著名人がテレビCMに出演し、後発ながらもその地位を確立しました。
「ペプシ・コーラ」実験的な商品を数々販売しており、日本では1995年に初めて「ペプシ ラズベリーコーラ」が限定販売されて以降、「アイスキューカンバー」や「あずき」など一風変わったフレーバーのコーラを販売し話題となっています。
「ペプシ・コーラ」は、もともと治療薬として売り出された飲料水のため、薬っぽさがあると思われる方もいるようですが、「コカ・コーラ」と比べて炭酸が弱く、後口がすっきりとした味わいです。


■ Wikipedia コカ・コーラ
■ Wikipedia ペプシコーラ

「コカ・コーラ」は、「ザ コカ・コーラ カンパニー」が製造販売するコーラの名称
「ペプシ・コーラ」は、「ペプシコ・インコーポレイテッド」が製造販売するコーラの名称

「コカ・コーラ」と「ペプシ・コーラ」の違いは?
Tagged on: