ブリッジサイズ
ゲーム占いマジック(手品)などにも使われ、日本でもなじみ深い遊戯カードの「トランプ」ですが、この「トランプ」は元々ポルトガル語で「切り札」という意味の言葉で、英語圏では「Playing cards(プレイング・カード)」と呼ばれるなど、日本のみの呼称となっています。

「トランプ」には世界各地に様々なゲーム、遊び方が存在しますが、コントラクトブリッジのように手札の枚数が多いゲーム用に幅の狭いブリッジサイズと、ポーカーブラック・ジャックのように手札の枚数が少ないゲーム用に視認性のよいポーカーサイズがあります。

具体的には高さはいずれも約89mm(3 1⁄2インチ)ですが、幅は「ブリッジサイズが約57mm(2 1⁄4インチ)、「ポーカーサイズ」が約63mm(2 1⁄2インチ)と、約6mm弱「ブリッジサイズ」のほうが狭くなっています。

幅以外には全く違いがないので、いずれのカードをどんなゲームやマジック、占いに使っても使用上差し支えありません。


■ Wikipedia トランプ
■ Wikipedia コントラクトブリッジ
■ Wikipedia ポーカー

「ブリッジサイズ」は幅約57mmで、手札の多いゲームに向いている
「ポーカーサイズ」は幅約63mmで、手札の少ないゲームに向いている

トランプの「ブリッジサイズ」と「ポーカーサイズ」の違いは?
Tagged on: