orange
果実オレンジネーブルの違いをご説明いたします。

「オレンジ」「ネーブル」の違いではなく、「オレンジ」品種の中に「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」があります。
これら2つは品種が違い、2大品種と呼ばれています。
「バレンシア」は春から秋にかけて多く出回り「ネーブル」は秋から春にかけて多く出回ります。
見た目の違いは、おへそ(果頂部にあるへこみ)があるものがネーブルです。
おへそとは英語で「ネーブル」と言い、そのことからこの名前がつきました。

「ネーブル」には種がなく生で食べるのに便利ですが、絞った果汁を長時間置いておくと苦味が出てしまいます。
しかし「バレンシア」は「ネーブル」に比べ酸味は強いですが、絞った果汁を長時間置いておいても苦味が出ずおいしくいただけるのでジュースにするには便利です。


■ Wikipedia オレンジ
■ Wikipedia ネーブルオレンジ

「ネーブルオレンジ」はそのまま食べて楽しみ、「バレンシアオレンジ」はジュースにして楽しむ。

「オレンジ」と「ネーブル」の違いは?
Tagged on: