リンス

シャンプーの後に使用するリンストリートメントですが、どのような違いがあるのでしょうか。
「リンス」は、シャンプー後にきしんだの表面に油分で膜を作って髪を保護する役割があります。
油分で髪を保護することによって、髪に艶がうまれ、手触りが良くなります。
こうすることっで髪のキューティクルが傷むのを防ぐ効果があります。
髪の表面を保護するという点では同じですが、髪の表面のコンディションを整える効果が高いものを「コンディショナー」といいます。

「トリートメント」は、髪の内部にまで浸透して、ダメージ部分に内側から栄養補給をする役割があります。
「リンス」と違って「トリートメント」は内部まで浸透させるために、髪に「トリートメント」をなじませてから、時間をおく必要があります。
「トリートメント」を使用する目的は、髪の傷みを修復したり、髪の状態を整えることが主ですが、最近の「トリートメント」「リンス」のように油分で膜を作って保護する効果を併せ持つものも出てきていますので、シャンプーをした後「トリートメント」を使用するだけでも、充分な仕上がりになります。


■ Wikipedia リンス

「リンス」は髪の表面に膜を作り、髪を保護するもので、「トリートメント」は髪の内側からダメージをケアするもの

「リンス」と「トリートメント」の違いは?
Tagged on: