鶏肉せせりこにくネックは、結論からいうと同じ部位を指します。

「せせり」とは、の部位の呼称で、頸部()の肉のことです。
一羽から取れる量が少なく希少な首周りの部位ですが、よく動く筋肉のため、引き締まった身で歯ごたえがありながら適度な脂身もあり、焼き鳥をはじめとした焼き物炒め物から揚げなど様々な鶏料理に用いられます。
首の骨から肉を「せせりとる(つつく・ほじる)」ことが名前の由来とされています。
比較的関西西日本飲食店で多く用いられる呼称にもなっています。

「こにく」とは、「せせり」の別称です。
焼き鳥店や居酒屋などで多く用いられる呼称の「せせり」と比較して、「こにく」食肉の流通業界で用いられることが多い呼称で、漢字では「小肉」と書きます。
首から少量しか取れない小さい肉「首小肉」が省略されて「小肉」になったものが由来とされています。
比較的関東東日本の飲食店で多く用いられる呼称にもなっています。

「ネック」とは、「せせり」の別称です。
その名の通り「首」を意味する英語 “neck” が由来です。

他にも地域店舗によって「そろばん」や「み」、「きりん」と呼ばれることもあります。


■ やきとり.co.jp せせり
■ コトバンク せせり
■ Wikipedia 焼き鳥

「せせり」…鶏の頸部(首)の肉
「こにく」…首の小さい肉「首小肉」を由来とするせせりの別称
「ネック」…首を意味する “neck” を由来とするせせりの別称

「せせり」と「こにく」「ネック」の違いは?
Tagged on: