二杯酢三杯酢は、いずれも調味料を混ぜ合わせた「合わせ酢」と呼ばれる混合調味料です。
 

「二杯酢」とは、酢と醤油を合わせた混合調味料で「にはいず」と読みます。
本来、酢と醤油を盃を用いて一杯ずつ同量で混合していたことから「二杯酢」の呼称がつきましたが、現在は酢3に対して醤油2の割合で作ることが多く、だし汁を加えることもあります。
ワカメキュウリイカタコなどの魚介類を合わせた酢の物サラダなどに用いられます。
混合の割合に関係なく単に酢と醤油を合わせたものを「酢醤油(すじょうゆ)」と呼ぶこともあります。

「三杯酢」とは、酢と醤油、みりんを合わせた混合調味料で「さんばいず」と読みます。
「二杯酢」同様、本来は酢、醤油、みりんを同量混合していたことから「三杯酢」の呼称がつきましたが、現在は酢2に対して醤油1、みりん2の割合で作ることが多く、みりんの代わりに砂糖を用いることや、塩やだし汁を加えることもあります。
「二杯酢」と比較して甘味とコクがあり、酢の物やサラダ以外に、南蛮漬け炒め物福神漬調味液ところてんタレなどにも用いられます。
酢と砂糖のみを同量程度合わせて塩で調味したものは「甘酢(あまず)」といいます。


■ Wikipedia 三杯酢

「二杯酢」…酢と醤油を合わせた混合調味料
「三杯酢」…酢と醤油、みりんを合わせた混合調味料

「二杯酢」と「三杯酢」の違いは?
Tagged on: