ムッシュかまやつさん

ムッシュかまやつさんは、1939年1月12日生まれ、東京都出身のギタリストミュージシャンで、読みは「むっしゅかまやつ」さん、本名は釜萢弘さん、本名の読みは「かまやつひろし」さんです。
青山学院高等部時代にカントリー&ウェスタン歌手としてデビューし、1963年にGSバンド「ザ・スパイダース」に加入、ギタリストとして「なんとなくなんとなく」「バン・バン・バン」「あの時君は若かった」などの代表曲作曲します。
1970年からソロ活動を開始し、1975年にリリースした吉田拓郎さん作曲による楽曲「我が良き友よ」がヒット、ムッシュかまやつ」さんの代表曲として知られています。
森山良子さんや森山直太朗さんの親戚としても知られる「ムッシュかまやつ」さんは、ジャンルや世代を超えた幅広い層からの支持を得て、多数のライブイベントでの音楽活動や、様々な音楽番組などへも出演するなど晩年まで活躍しますが、2017年に癌のため78歳でこの世を去りました。

DJ KOOさん

DJ KOOさんは、1961年8月8日生まれ、東京都出身のDJ・ミュージシャンで、読みは「でぃーじぇーこー」さん、本名は髙瀨浩一さん、本名の読みは「たかせこういち」さんです。
新宿のディスコなどでDJとして活躍し、1986年リミックス・ユニット「THE JG’s」を結成、1992年にTMNの小室哲哉さんがプロデュースするダンスヴォーカルユニット「TRF」のメンバーに抜擢されます。
日本におけるダンスミュージックの黎明期を知る第一人者として知られており、様々なアーティストに楽曲提供を行うなど音楽活動においても多くの活躍をする一方で、2014年頃からタレントとしても活動、天然キャラクターと性格の良さが滲み出たトークバラエティ番組などに多数出演しています。


■ Wikipedia かまやつひろし
■ Wikipedia DJ KOO

「ムッシュかまやつ」…1939年1月12日生まれ、東京都出身のギタリスト・ミュージシャン
「DJ KOO」…1961年8月8日生まれ、東京都出身のDJ・ミュージシャン

「ムッシュかまやつ」と「DJ KOO」の違いは?
Tagged on: