エコノミークラスビジネスクラスファーストクラスは、いずれも旅客機座席区分で、航空会社によりサービスの違いはありますが概ね以下のように分類されます。

「エコノミークラス」とは、旅客機における「普通座席」に相当する客席等級です。
一般料金で座れる最も基礎的な客席で、「スタンダードクラス」「コーチクラス」と呼ばれることもあります。
シートの前後間隔は80cmで、機内食はプラスチック製の容器などで提供されることが多いです。
国内線やLCC(格安航空会社)では、「エコノミークラス」のみの設定となっていることも多いです。
エコノミークラス

「ビジネスクラス」とは、旅客機における「上級座席」に相当する客席の等級です。
追加料金が必要な客席で、「エグゼクティブクラス」「クリッパークラス」と呼ばれることもあります。
シートの前後間隔は100~200cmと「エコノミークラス」と比較して広く、機内食は「エコノミークラス」よりクオリティの高い料理陶器ガラスの器で提供されるほか、空港の専用ラウンジが使用可能で、専用のチェックインカウンターで搭乗手続きができるなど、空港内でのサービスも充実しています。
ビジネスクラス

 

「ファーストクラス」とは、旅客機における「最上級座席」に相当する客席の等級です。
「ビジネスクラス」より高額な追加料金が必要な客席で、「ビジネスクラス」よりさらに質が高いサービスが提供されます。
シートの前後間隔は150~210cmで、フルフラットになるリクライニングシートと専用のテレビモニターを備えたものが多く、機内食も高級ホテル料理人などが監修した豪華なものが提供されるほか、専門の訓練を受けたCA(客室乗務員)による充実した機内サービスが提供されます。
ファーストクラス

他に、「エコノミークラス」「ビジネスクラス」の中間に位置付けられる客席「プレミアムエコノミークラス」を設定している航空会社も多いです。


■ Wikipedia エコノミークラス
■ Wikipedia ビジネスクラス
■ Wikipedia ファーストクラス
■ Wikipedia プレミアム・エコノミー

「エコノミークラス」…普通座席に相当する旅客機の客席等級
「ビジネスクラス」…上級座席に相当する旅客機の客席等級
「ファーストクラス」…最上級座席に相当する旅客機の客席等級

「エコノミークラス」と「ビジネスクラス」「ファーストクラス」の違いは?
Tagged on: