ハンチングキャスケットは、いずれも日差し避けや、防寒のためにに着用する衣類帽子」の一種で、装飾としても広く用いられるファッションアイテムです。
 
ハンチング

「ハンチング」とは、19世紀中ごろのイギリスで発祥した帽子の一種で、狩猟乗馬などの激しい運動の際に脱げにくいよう頭の形状にフィットし、短い前びさしに前傾した平らなクラウン(頭頂部)が覆いかぶさった形状のキャップです。
「ハンチング」の名称の由来は、英語の “hunting cap” のカタカナ読みからで、「ハンティングキャップ」ということや、「ハンチング帽」、「鳥打帽子(とりうちぼうし)」と呼ばれることもあります。
日本においてはゴルフなどのスポーツに用いられるほか、刑事探偵新聞記者などが被る帽子というイメージが定着しています。

キャスケット

「キャスケット」とは、「ハンチング」の一種で、短い前びさしに4~8枚接ぎのヴォリューム感のあるクラウン(頭頂部)のキャップです。
「キャスケット」の名称の由来は、「かぶと」や「ヘルメット」を意味するフランス語の “casque” で、フランスでは前びさしがついた形状のキャップの総称として用いられることもあります。
アメリカでは、新聞売りが被っている帽子というイメージから「ニュースボーイキャップ(Newsboy cap)」と呼ばれることが多いです。
なお、欧米においては「キャスケット」「ハンチング」の一種とされていますが、日本においては「ハンチング」「キャスケット」は、別の帽子として区別する場合が多いです。

■ Wikipedia ハンチング帽
■ Wikipedia キャスケット

「ハンチング」…短い前びさしに前傾した平らなクラウン(頭頂部)が覆いかぶさった形状のキャップ
「キャスケット」…短い前びさしに4~8枚接ぎのヴォリューム感のあるクラウン(頭頂部)のキャップ

「ハンチング」と「キャスケット」の違いは?
Tagged on: