サヨリサンマは、いずれもダツ目ダツ亜目に属する細長い体が特徴の海水魚です。
 

「サヨリ」とは、ダツ目ダツ亜目サヨリ科サヨリ属に属する海水魚で、北太平洋日本海黄海渤海湾の陸地近海に分布する食用魚です。
細長い体と状に突き出した下顎が外観の特徴で成魚体長は40cm前後の個体が多く、日本においてはが旬の白身高級魚として刺身寿司ネタなど生食されるほか、天ぷらフライ塩焼き干物などにも用いられます。
漢字では「細魚」や「針魚」と書きます。

一方「サンマ」とは、ダツ目ダツ亜目サンマ科サンマ属に属する海水魚で、北太平洋に広く分布する食用魚です。
「サヨリ」と似た刀のように細長い体と後方についた背鰭、尻鰭が外観の特徴で成魚の体長は35cm前後の個体が多く、日本においてはの味覚を代表する家庭料理の定番として、塩焼きや煮付け揚げ物蒲焼南蛮漬け、干物などにして食されるほか、刺身や寿司のネタとして生食されることもあります。
漢字では「秋刀魚」と書きます。


■ Wikipedia サヨリ
■ Wikipedia サンマ

「サヨリ」…ダツ目ダツ亜目サヨリ科サヨリ属に属する海水魚
「サンマ」…ダツ目ダツ亜目サンマ科サンマ属に属する海水魚

「サヨリ」と「サンマ」の違いは?
Tagged on: