カツレツ

カツレツとは、スライスした仔牛に細かいパン粉をつけ、フライパンなどで炒め焼きするフランス料理「コートレット(cotelette)」を原型とする洋食肉料理です。
「ビーフカツレツ」や「ビーフカツ」「牛カツ」と呼ばれることもあります。
「コートレット」は、英語では「カットレット(cutlet)」で、本来は肉の切り身を指す語であって調理方法料理名ではありません。
日本においては、牛肉豚肉鶏肉などの肉類に小麦粉、溶き、パン粉をまぶしてをつけてで揚げた料理「カツ」の語源となっており、仔牛肉に限らず豚肉など他の素材にパン粉をつけて揚げた料理を指して「カツレツ」と呼ぶこともあります。

とんかつ

一方とんかつとは、豚肉に小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして衣をつけて油で揚げた肉料理です。
「トンカツ」とカタカナ表記されることや、「豚カツ」「豚かつ」「トンかつ」「とんカツ」と表記されることもあります。
日本で単に「カツ」といった場合、「とんかつ」を指すことが多く「カツカレー」「カツサンド」「かつ丼」などはそれぞれ、通常「とんかつ」を用いた料理になります。


■ Wikipedia カツレツ
■ Wikipedia 豚カツ

「カツレツ」…仔牛肉に細かいパン粉をつけ炒め焼きする洋食の肉料理
「とんかつ」…豚肉に小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして衣をつけて油で揚げた料理

「カツレツ」と「とんかつ」の違いは?
Tagged on: