アフリカゾウインドゾウは、いずれも現生最大の陸棲哺乳類」の一種です。
 
アフリカゾウ

「アフリカゾウとは、長目ゾウ科アフリカゾウ属に属する象の総称で、サバンナゾウ、マルミミゾウなどの亜種が含まれます。
サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に分布し、サバンナや森林地帯湿地帯などで生息しています。
体長6~7.5m、体高3~3.9m、体重5,800~7,500kg程度の個体が多く、大きい個体は体重10,000kgを超える、現生の陸棲動物で最大の動物です。
体色は灰色または灰褐色、頭部は平らで、背中は肩と腰部分が隆起しています。
大きい三角形の耳介と、長い鼻が特徴で、鼻の先端にはものを掴むための突起が上下に2つついています。
雌雄ともに門歯が発達した象牙を持ち、オスでは3mを超える長さになるものもあります。

インドゾウ

一方インドゾウ」とは、長鼻目ゾウ科アジアゾウ属に属する象「アジアゾウ」の一亜種です。
インド、ネパールバングラデシュブータンタイインドシナ半島マレー半島カンボジア東部、中華人民共和国南部などに分布し、森林地帯、湿地帯、河川の周辺などで生息しています。
体長5.5~6.5m、体高2.5~3.2m、体重4,000~5,000kg程度の個体が多く、「アフリカゾウ」と比較して小さいものの、大きい個体は体重7,000kg程になります。
体色は灰色または灰褐色、頭部に二つのこぶがあり、背中は丸いです。
「アフリカゾウ」と比較して小さい四角形の耳介と、長い鼻が特徴で、鼻の先端にはものを掴むための突起が上側に1つのみついています。
雌雄ともに門歯が発達した象を持ちますが、「アフリカゾウ」と比較して小さく、メスでは外部から見えないことや、牙のない個体もあります。


■ Wikipedia アフリカゾウ
■ Wikipedia インドゾウ

「アフリカゾウ」…長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属の象の総称
「インドゾウ」…長鼻目ゾウ科アジアゾウ属のアジアゾウの一亜種

「アフリカゾウ」と「インドゾウ」の違いは?
Tagged on: