天ぷらとは、魚介類野菜などの具材に、薄力粉と水、鶏卵を軽く混ぜた衣をつけ、油で揚げた日本料理です。
「てんぷら」と読み、「天婦羅」や「天麩羅」と漢字表記されることもあります。
海老アナゴキスイカなどの魚介類、茄子カボチャさつまいもししとうレンコンシソなどの野菜類のほか、舞茸しいたけなどのキノコ類、鶏肉アイスクリームなどが代表的な具材として知られています。
また、刻んだ野菜類と魚介類をあわせて揚げる「かき揚げ」や、衣に青海苔を混ぜて竹輪などの具材を揚げる「磯辺揚げ」も「天ぷら」の一種です。
「天ぷら」の衣は、サクッとした食感が特徴で、そのまま天つゆで食されるほか、丼に白飯と共に盛り付けた天丼や、うどん蕎麦など麺類トッピングや、おにぎりの具材(天むす)、寿司ネタ(天巻き)などにも用いられます。

一方フリッターとは、魚介類や野菜、肉類果物などの具材に、薄力粉と牛乳卵黄をしっかり混ぜたものと卵白を泡立てたメレンゲをあわせた衣をつけ、油で揚げた西洋料理です。
「フリット」や「フリトー」「洋風天ぷら」と呼ばれることもあります。
海老やイカ、白身魚などの魚介類、ズッキーニブロッコリーアボカドトウモロコシなどの野菜類、鶏肉や豚肉牛肉ソーセージなどの肉類、リンゴバナナパイナップルなどの果物など多種多様な具材の「フリッター」が世界各地で食されています。
「フリッター」の衣は、メレンゲを用いるため「天ぷら」と比較してふわっとしているのが特徴で、衣自体に塩や砂糖香辛料で風味付けしたものもありそのまま食されるほか、マヨネーズケチャップ、その他多種多様なソースをつけて食されます。


■ Wikipedia 天ぷら
■ Wikipedia フリッター

「天ぷら」…薄力粉、水、鶏卵を混ぜた衣を具材につけて揚げた日本料理
「フリッター」…薄力粉、牛乳、卵黄、メレンゲを混ぜた衣を具材につけて揚げた西洋料理

「天ぷら」と「フリッター」の違いは?
Tagged on: