御神酒

御神酒とは、日本古来の宗教である「神道」においてに供えるのことで「おみき」と読み、「お神酒」と表記されることも多いです。
祭礼において神社神棚に供える供物の神饌には欠かせないもので、通常日本酒が用いられ、神事の最後に参加者一同で飲むのが一般的です。

御屠蘇

一方御屠蘇とは、一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む縁起物の酒のことで「おとそ」と読み、「お屠蘇」と表記されることも多いです。
山椒、防風、白朮、桔梗、細辛、乾姜などの薬草を調合した漢方薬「屠蘇散(とそさん)」を日本酒やみりんに浸して作るものが一般的で、本来は銚子や盃、盃台、盆を一式にした「屠蘇器(とそき)」と呼ばれるもので供されます。
なお、結納や神前の結婚式では同様の酒器が用いられることが多いですが、中身は日本酒で「御神酒」と呼ばれることが多いです。
また、正月に初詣でに訪れる人に「御神酒」を振舞う神社も多く、「御屠蘇」「御神酒」が混同される一因となっているといえます。


■ Wikipedia 神酒
■ Wikipedia 屠蘇

「御神酒」…神道において神に供える日本酒
「御屠蘇」…長寿を願って正月に呑む薬草酒

「御神酒(おみき)」と「御屠蘇(おとそ)」の違いは?
Tagged on: