すき焼き牛鍋は、食材調理器具、食べ方などが類似した料理で、「すき焼き」においては地域や家庭による違いもあり、明確な定義はありませんが、一般的に以下のように分類されることが多いです。
 
すき焼き

「すき焼き」とは、薄く切った牛肉ねぎ玉ねぎ白菜春菊シイタケなどの野菜豆腐しらたきなどの具材砂糖醤油などの調味料とともに鉄鍋で焼いたものを溶いたにつけて食べる神戸発祥とされる料理です。
「すき焼き」に用いられる肉は、牛肉とは限らず、地域によっては豚肉鶏肉を用いることもあります。
「すき焼き」の名称の由来には諸説ありますが、農具の鋤(すき)の上で具材を焼いた「鋤焼き」に由来するとされる説が一般的です。

牛鍋

「牛鍋」とは、牛肉、ねぎや玉ねぎ、白菜、春菊、シイタケなどの野菜、豆腐、しらたきなどの具材を、だし汁に醤油、みりん、砂糖、酒などの調味料を加えた割下(わりした)とともに鉄鍋で煮たものを溶いた卵につけて食べる横浜発祥とされる料理です。
「牛鍋」に用いられる牛肉は、薄切りのものとは限らず、地域や店舗によっては厚く切ったものもあります。
また、発祥当時の江戸後期や明治初期は、牛肉の獣臭さを緩和するために味噌を用いた「牛鍋」も多かったといわれています。
なお、「牛鍋」は「ぎゅうなべ」と読むのが一般的ですが「うしなべ」と読まれることもあります。

牛鍋

「すき焼き」においても、ある程度食がすすんだ後に、関東では割下を加え、関西では野菜から出る水分などを利用して、「牛鍋」のように煮る料理に変換することも多いです。
この割下を用いた関東風の「すき焼き」は、「牛鍋」を起源としたものといわれています。


■ Wikipedia すき焼き
■ コトバンク 牛鍋

「すき焼き」…牛肉、野菜などの具材を鉄鍋で焼いた神戸発祥とされる料理
「牛鍋」…牛肉、野菜などの具材を割下とともに鉄鍋で煮た横浜発祥とされる料理

「すき焼き」と「牛鍋」の違いは?
Tagged on: