はいずれも昔話民話伝説などでは人を化かす動物として知られ、「きつねうどん」と「たぬきそば」のように麺料理でも対比として用いられることも多い、日本で古くから親しまれてきた野生動物です。
 
狸

「狸」とは、食肉目イヌタヌキ属に属する哺乳類の総称で「たぬき」と読みます。
日本、朝鮮半島中国ロシア東部、ベトナム北部に分布しており、日本においてはことわざや昔話にも登場することが多く、古くから親しまれてきた野生動物として知られています。
日本の「狸」は、北海道に分布するエゾタヌキと、本州四国九州に分布するホンドタヌキの2種が生息していますが、いずれも同種と考えられており、まとめて「ニホンタヌキ」と呼ばれることもあります。
成体で、体長50~70cm、尾長12~25cm、体重3~10kg程度、茶褐色で四肢が黒い体毛個体が多く、ネズミモグラなどの小動物爬虫類両生類カニザリガニ昆虫類、ミミズ、動物の死骸、木の実などを食べる雑食性です。

狐

「狐」とは、食肉目イヌ科キツネ属に属する哺乳類の総称で「きつね」と読みます。
日本、ユーラシア大陸アフリカ大陸、北アメリカ大陸に広く分布しており、「狸」と同じく、日本のことわざや昔話にも登場する野生動物です。
日本の「狐」は、北海道に分布するキタキツネと、本州、四国、九州に分布するホンドギツネの2種が生息していますが、いずれも北半球に広く分布する「アカギツネ」の亜種とされています。
成体で、体長50~80cm、尾長25~40cm、体重4~10kg程度、赤みを帯びた黄色や黄褐色で腹部が白い体毛の個体が多く、「狸」同様、小動物など肉食性のものから木の実など植物質のものまで様々なものを食べる雑食性です。


■ Wikipedia タヌキ
■ Wikipedia キツネ

「狸」…食肉目イヌ科タヌキ属に属する哺乳類の総称
「狐」…食肉目イヌ科キツネ属に属する哺乳類の総称

「狸」と「狐」の違いは?
Tagged on: