煮干し

煮干しとは、カタクチイワシ幼魚などの小魚塩水で茹でてから乾燥した乾物です。
煮て干す製造方法が「煮干し」の呼称の由来で「にぼし」と読みます。
地域によっては「炒り子(いりこ)」と呼ばれることもあります。
「煮干し」は、おもに出汁をとる材料として使われるほか、そのまま食されることもあります。
カタクチイワシ以外に、マイワシウルメイワシキビナゴアジサバトビウオなどを用いた「煮干し」もあります。

田作り(料理)

一方田作りとは、カタクチイワシの幼魚を乾燥した乾物、およびそれを材料とした料理の名前です。
肥料として撒いたことが「田作り」の呼称の由来で「たつくり」や「たづくり」と読みます。
地域によっては「五万米」や「五真米」と書いて「ごまめ」と呼ばれることもあります。
料理としての「田作り」は、カタクチイワシの幼魚の乾物を醤油みりん砂糖などの調味料で味付けしたもので、その年の豊作を願って食される正月おせち料理の祝い肴の定番としても知られています。


■ Wikipedia 煮干し
■ Wikipedia 田作

「煮干し」…小魚を塩水で茹でてから乾燥した乾物
「田作り」…カタクチイワシの幼魚を乾燥した乾物、およびそれを材料とした料理

「煮干し」と「田作り」の違いは?
Tagged on: