うま味調味料化学調味料は、結論からいうと同じものを指します。
 

「うま味調味料とは、おもに昆布などが持つヒトの味覚の「旨味(うまみ)」を刺激する成分工業的製造した調味料の総称です。
さとうきびトウモロコシ主原料としたグルタミン酸ナトリウムや、グルタミン酸ナトリウムとイノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなどの混合物が主な成分で、白い粉末のものが一般的です。
1909年に合資会社鈴木製薬所(現在の味の素株式会社)が発売した「味の素」が代表的な「うま味調味料」として知られています。

味の素

化学調味料」とは、1980年代頃まで用いられていた「うま味調味料」別称です。
1950年代に、NHK登録商標の「味の素」を置き換えるために用いた呼称が「化学調味料」で、そのまま一般名称として浸透しました。
しかし、「化学」という言葉から「化学合成食品」や「非自然由来食品」といった負のイメージが連想されるという理由から、業界団体などが「うま味調味料」という語を作り、1980年代頃から用いるようになります。
その後、1993年に経済産業省が計量法で、2002年に総務省が日本標準産業分類で「うま味調味料」表記を採用し、現在では「うま味調味料」の呼称が一般的になっています。

なお、加工食品の原材料名としては、グルタミン酸ナトリウムのみの場合「調味料(アミノ酸)」、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムが混合されたものは「調味料(アミノ酸等)」と表示されます。


■ Wikipedia うま味調味料

「うま味調味料」…旨味を刺激する成分を工業的に製造した調味料の総称
「化学調味料」…1980年代頃まで用いられていたうま味調味料の別称

「うま味調味料」と「化学調味料」の違いは?
Tagged on: