現在食用として流通している豚肉の多くは純粋な品種ではなく、別品種の豚を掛け合わせた雑種の豚から生産される豚肉です。
 
ランドレース種

三元豚とは、3種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚のことで、日本国内で生産される食用豚のほとんどは「三元豚」です。
食肉用の豚の純粋品種には、繁殖力に優れ、発育も早いデンマーク原産の白毛大型品種「ランドレース種」、赤身脂肪のバランスがよいイギリス原産の白毛大型品種「大ヨークシャー種」、脂肪が多く柔らかい肉質で、産肉性が高いアメリカ原産の赤毛大型品種「デュロック種」、繊維が細かく臭みが少ない肉質で、日本では「黒豚」と呼ばれるイギリス原産の黒毛中型品種「バークシャー種」、筋肉量が多く赤身やロースに適したイギリス原産の黒毛中型品種「ハンプシャー種」、肉質のきめの細かさと脂肪の旨味に優れたイギリス原産の白毛中型品種「中ヨークシャー種」などがあり、日本においては繁殖力に優れた「ランドレース種」と、赤身と脂肪のバランスがよい「大ヨークシャー種」の2つの純粋品種を交配させて生産した「二元豚」のメスと、産肉性が高い「デュロック種」のオスを交配させて生産した「三元豚」が、最も多く普及しています。
日本で流通する豚肉のほとんどは「三元豚」ですが、生産地牧場の名前を冠したブランド豚や銘柄豚に「三元豚」の呼称が用いられることも多いです。

デュロック種

一方四元豚とは、4種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚のことで、欧米で生産される食用豚のほとんどは「四元豚」です。
「四元豚」は、「三元豚」に、さらにアメリカ原産の白毛中型品種「チェスターホワイト種」などの別の純粋品種を交配させて生産します。

なお、「三元豚」「四元豚」は、1代限りの優良品の生産に用いられる「雑種強勢」と呼ばれる現象を利用したもので、よりすぐれた新種を生み出す「品種改良」とは異なります。


■ Wikipedia 三元豚
■ 一般社団法人 日本養豚協会 (JPPA) 日本で飼われている豚の種類は?

「三元豚」…3種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚
「四元豚」…4種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚

「三元豚」と「四元豚」の違いは?
Tagged on: