ランドレース種

「三元(さんげんとん)」とは、3種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚のことで、日本国内で生産、流通している食用豚のほとんどは「三元豚」です。
食肉用の豚の純粋品種には、繁殖力に優れ、発育も早いデンマーク原産の白毛大型品種「ランドレース種」、赤身脂肪のバランスがよいイギリス原産の白毛大型品種「大ヨークシャー種」、脂肪が多く柔らかい肉質で、産肉性が高いアメリカ原産の赤毛大型品種「デュロック種」、肉質のきめの細かさと脂肪の旨味に優れたイギリス原産の白毛中型品種「中ヨークシャー種」、筋肉量が多く赤身やロースに適したイギリス原産の黒毛中型品種「ハンプシャー種」、繊維が細かく臭みが少ない肉質で、日本では「黒豚」と呼ばれるイギリス原産の黒毛中型品種「バークシャー種」などがあり、日本においては繁殖力に優れた「ランドレース種」と、赤身と脂肪のバランスがよい「大ヨークシャー種」の2つの純粋品種を交配させて生産した「二元豚」のメスと、産肉性が高い「デュロック種」のオスを交配させて生産した「三元豚」が、最も多く普及しています。
日本で流通する豚肉のほとんどは「三元豚」ですが、生産地牧場の名前を冠したブランド豚や銘柄豚に「三元豚」の呼称が用いられることも多いです。

イベリア種

一方「イベリコ豚(いべりこぶた)」とは、スペイン産の食用に飼育されるブランド豚の一品種「イベリア種」の豚、および豚から生産される豚肉です。
「イベリア種」100%の純血のもの、もしくは「イベリア種」と「デュロック種」を交配させた豚のうち、スペイン政府が認証したものを「イベリコ豚」と呼びます。
「イベリコ豚」から生産される豚肉は、濃厚な赤身に甘味のある脂身が霜降り状についているため味のバランスがよく、肉質もよいのが特徴です。
60日間以上放牧飼育され、穀物飼料を与えずにドングリ(樫の実)を食べて育ったもののうち、放牧期間中に46kg以上体重増加があったものを特に「イベリコ・デ・ベジョータ」と呼び、ベジョータから生産される豚肉や生ハムは最高級品として流通します。


■ Wikipedia 三元豚
■ Wikipedia イベリコ豚

「三元豚」…3種類の純粋品種の豚を掛け合わせた雑種の豚
「イベリコ豚」…イベリア種50%以上でスペイン政府認証のブランド豚

「三元豚」と「イベリコ豚」の違いは?
Tagged on: