ウールカシミアは、いずれも動物から採取した体毛で作られる動物繊維です。
 
羊

「ウール」とは、ウシ目ウシ科ヒツジ属に属する哺乳類(ひつじ)」のからできた動物繊維、およびその繊維から作られる衣類素材をいい、日本語で「羊毛(ようもう)」と呼ばれることもあります。
「ウール」は、保温性・保湿性に優れ、伸縮性・弾性が高いため型くずれしにくい、しわになりにくいなどの特徴があり、世界中で最も広く用いられている動物繊維となっています。

カシミアヤギ

一方「カシミア」とは、ウシ目ウシ科ヤギ属に属する哺乳類「山羊(やぎ)」の一品種「カシミアヤギ」の産毛からできた動物繊維、およびその繊維から作られる糸や布、衣類の素材をいい、カタカナでは「カシミヤ」と表記されることもあります。
インド北部カシミール地方原産のカシミアヤギは、モンゴルイラン中国などの山岳地帯に生息しており、剛毛の内側に生えた柔毛のみを採取するため、1頭から1年でわずか150g~200g程度しか採取できず、「ウール」と比較して貴重で、高級素材の代表とされます。
「カシミア」は、「ウール」同様、保温性・保湿性・伸縮性に優れる上、「ウール」と比較して軽く、肌触りがよいという特徴があります。
衣類などの繊維製品においては、「ウール」「カシミア」を混合したものもあります。


■ Wikipedia ウール
■ Wikipedia カシミア
■ 消費者庁 家庭用品品質表示法

「ウール」…ウシ科ヒツジ属の哺乳類「羊」の毛からできた動物繊維
「カシミア」…ウシ科ヤギ属の哺乳類「山羊」の一品種「カシミアヤギ」の産毛からできた動物繊維

「ウール」と「カシミア」の違いは?
Tagged on: