大判焼き今川焼き回転焼きは、結論からいうと同じものを指します。

「大判焼き」とは、小麦粉砂糖などを水で溶いた生地を、太鼓形の焼き型に流し込み、あんこなどのを中に入れて焼いた円筒形和菓子です。
餡には小豆つぶあんが用いられたものが一般的ですが、白あんや抹茶あん、カスタードクリームチョコレートクリームなど多数のバリエーションがあります。
和菓子店の店舗や、祭りの屋台で販売されるもののほか、冷凍食品として商品化されたものも流通するなど、日本全国で食される和菓子といえます。

「今川焼き」とは、「大判焼き」の別称で、おもに関東地方で用いられる呼称です。

「回転焼き」とは、「大判焼き」の別称で、おもに九州地方や関西地方で用いられる呼称です。

「大判焼き」には、「今川焼き」「回転焼き」以外にも、「小判焼き」、「二重焼き」、「太鼓焼き」、「黄金焼き」、「満月焼き」など地域によって様々な呼称があるほか、「御座候」、「あじまん」、「日切焼」などの商品名で呼ばれることもあるなど、多くの呼称がある和菓子です。


■ Wikipedia 今川焼き

「大判焼き」…焼き型に流し込んだ生地に餡を入れて焼いた円筒形の和菓子
「今川焼き」…おもに関東地方で用いられる大判焼きの別称
「回転焼き」…おもに九州地方や関西地方で用いられる大判焼きの別称

「大判焼き」と「今川焼き」「回転焼き」の違いは?
Tagged on: