ハクビシン

ハクビシンとは、食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属に属する哺乳類で、日本台湾中国大陸南部、東南アジアなどに分布しています。
漢字では「白鼻芯」や「白鼻心」と書き、その名の通り額から鼻にかけて白線模様があるのが特徴で、体長成体で50~70cm、尾長40~50cm、体重2~4kg程度の個体が多いです。
「ハクビシン」夜行性で、昼間は巣穴、夜間は樹上で生活することが多く、低山の山林雑木林に生息していますが、環境破壊などにより住宅街などに現れることも増加しており、民家の床下や天井裏に棲み着いて繁殖することもあります。
また、「ハクビシン」は、果実種子野菜、鳥のカニ昆虫類などを食べる植物食中心の雑食性ですが、果樹園の農作物を食害するなど農業被害を及ぼすこともあり、これらの食害や騒音被害、糞尿による悪臭、ダニノミの媒介になることなどから害獣扱いされることも多いです。

ニホンイタチ

一方イタチとは、食肉目イタチ科イタチ属に属する哺乳類の総称です。
日本、ユーラシアアフリカ、南北アメリカ大陸に広く分布し、日本には在来種のニホンイタチ、チョウセンイタチ、イイズナ、オコジョや、外来種のアメリカミンクなどが生息しています。
日本で単に「イタチ」といった場合ニホンイタチを指すことが多く、体長は成体で20~35cm、尾長7~15cm、体重120~650g程度の個体が多いです。
ネズミモグラなどの小動物、鳥、両生類、カニ、ザリガニ、昆虫類、ミミズ動物の死骸などを食べる肉食性で、ニワトリウサギなどの家畜ペットを襲うことや、生ゴミを漁ることもあります。
また、「イタチ」の肛門付近には臭腺があり、自己防衛のために激臭のする液を出すことがあります。
「ハクビシン」同様、民家に棲み着いて繁殖することもあり、食害、騒音、糞尿、菌媒介などの理由で害獣扱いされることも多い動物です。


■ Wikipedia ハクビシン
■ Wikipedia イタチ
■ Wikipedia ニホンイタチ

「ハクビシン」…食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属の哺乳類
「イタチ」…食肉目イタチ科イタチ属の哺乳類の総称

「ハクビシン」と「イタチ」の違いは?
Tagged on: