クリスマスツリー

キリスト教の宗教行事としてのみにとどまらず、イベントとして世界中で定着しているイエス・キリストの誕生日を祝うクリスマスクリスマス・イヴですが、特にキリスト教になじみの薄い日本では、12月25日が「クリスマス」当日で、前日の12月24日が「クリスマス・イヴとされるのが一般的です。

しかし、キリスト教は元々ユダヤ教の分派であり、そのユダヤ教のや、ユダヤ暦を継承する教会暦では日没を一日の境目としています。
そのため、12月24日の日没から25日の日没までを1日と考えるのです。
つまり、1日は夜から始まるのです。
ですから、本来のユダヤ教からの流れの暦を採用する教会では「クリスマス・イヴ」(クリスマスの晩)は、すでに「クリスマス」当日に含まれているのです。


■ Wikipedia クリスマス・イヴ
■ Wikipedia クリスマス
■ Wikipedia イエス・キリスト

日没を一日の境とするユダヤ暦では、一般的に「クリスマス・イヴ」とされる12月24日の日没からすでに「クリスマス」

「クリスマス」と「クリスマス・イヴ」の違いは?
Tagged on: