Sex Pistols
アメリカ楽器メーカーであるフェンダー(Fender)社のエレキベースを代表する二大機種プレシジョンベース(PrecisionBass)」ジャズベース(JazzBass)」は、長い歴史を持ち、世界中の様々なジャンルアーティストに使用されている、エレキベースのスタンダードで、日本では「プレベ」「ジャズベ」と略称で呼ばれ親しまれています。

1951年に世界で初めて量産されたソリッドボディのエレクトリックベースが「プレシジョンベース」です。
「プレシジョン」とは「正確な」という意味で、それまでのベース、いわゆるウッドベース(コントラバス)はフレットが無く大型のものでしたが、「プレシジョンベース」は「正確な」音程を出すためフレットを打ち、コンパクトなボディ形状でギターのように横に持てるように設計され、好評を博しました。
1960年に「プレシジョンベース」音域を拡張し、さらに幅広いサウンド・メイキングに対応するため開発されたのが「ジャズベース」です。

プレシジョンベース
上の画像が「プレシジョンベース」で、下の画像が「ジャズベース」になります。
ジャズベース
画像で比較するとわかるとおり、まずボディの形状が違います。
ネック「ジャズベース」のほうが少し細くなっています。
また、PU(ピックアップ)というの音を拾うマイク部分やコントロールつまみにも違いがあり、「プレシジョンベース」は、4・3弦と2・1弦で別々のふたつのピックアップを段違いに並べ、直列配線したスプリット・コイルPUに、ひとつのヴォリューム、ひとつのトーンがついておりシンプルかつ太い音が特徴です。
「ジャズベース」は各弦ふたつのポールピースを一列に配置したシングル・コイルPUがリア(ブリッヂ側)、フロント(ネック側)とふたつマウントされ、それぞれのPUのヴォリュームと、ひとつのトーンがついているのが一般的で、特にリアPUを使うとシャープでアタック感のある音が出せます。


■ Wikipedia フェンダー・ジャズベース
■ Wikipedia フェンダー・プレシジョンベース

いずれもエレキベースの定番で「プレシジョンベース」はスプリット・コイルPU、1Vo、1Toneで太いの音が特徴
「ジャズベース」はシングル・コイルPU×2、2Vo、1Toneでアタック感のある音が特徴

「プレシジョンベース」と「ジャズベース」の違いは?
Tagged on: