八宝菜酢豚は、いずれも日本の中華料理店や家庭で定番メニューといえる中華料理です。
   
八宝菜

「八宝菜」とは、豚肉と、エビイカなど魚介類シイタケキクラゲなどのキノコ白菜タケノコ玉ねぎニンジンピーマンヤングコーンなどの野菜ウズラ卵などの具材を炒め、鶏ガラベースのスープなどで煮込んで水溶き片栗粉でとろみをつけた中華料理です。
日本では、白飯の上に「八宝菜」、または「八宝菜」に類似した中華風の具材を盛り付けたものを「中華飯」や「中華丼」といいます。
なお、「八宝菜」の「八」は、「8種類の」という意味ではなく、日本における「五目炒め」の「五目」と同様、「多くの種類」という意味で使われています。

酢豚

豚」とは、下味をつけて一口大の角切りにした豚肉に衣をつけてで揚げ、玉ねぎ、ニンジン、ピーマンなどの野菜とともに炒め、水溶き片栗粉に酢、砂糖醤油などの調味料を加えて作る甘酢あんを絡めた中華料理です。
酸味甘味を増すため、パイナップルなどの果物を具材に用いることもあります。


■ Wikipedia 八宝菜
■ Wikipedia 酢豚

「八宝菜」…様々な具材を炒めて煮込んでとろみをつけた中華料理
「酢豚」…油で揚げた豚肉と野菜を炒めて甘酢あんを絡めた中華料理

「八宝菜」と「酢豚」の違いは?
Tagged on: