ヤングコーン

ヤングコーンベビーコーンは、結論からいうと同じものを指します。

「ヤングコーン」とは、未熟なうちに収穫したトウモロコシ果実です。
通常1本の株から1~2本の果実を収穫することの多いトウモロコシは、2本目までに栄養を集中させるために3本目以降の果実を未熟なうちに摘果することが多く、この摘果されたものが「ヤングコーン」として市場に出回ります。
水煮にされた缶詰袋詰製品が一般的ですが、近年では皮つきのものも流通しています。
八宝菜酢豚などの中華料理天ぷらフライなどの揚げ物炒め物サラダピクルスなど様々な料理具材として用いられます。
ヤングコーン

「ベビーコーン」とは、「ヤングコーン」の別名です。
英語圏においては “young corn” より “baby corn” が用いられることが多いです。
「ベビーコーン」「ヤングコーン」以外に「ミニコーン」と呼ばれることもあります。


■ Wikipedia トウモロコシ

「ヤングコーン」…未熟なうちに収穫したトウモロコシの果実
「ベビーコーン」…ヤングコーンの別名

「ヤングコーン」と「ベビーコーン」の違いは?
Tagged on: