スペアミントペパーミントは、いずれもハーブとして用いられることで知られるシソハッカ属の草本植物です。
 
スペアミント

「スペアミント」とは、シソ科ハッカ属に属する植物で、原産は中央ヨーロッパ、和名は「オランダハッカ」です。
古くからハーブとして用いられている多年草のひとつで、カルボン、リモネンが芳香の主成分です。
穏やかな清涼感が特徴で、をそのまま料理デザート紅茶などの添え物にハーブとして用いるほか、カクテルアイスクリームなどにも用いられます。
また精油を採取し、ガム歯磨き粉などのフレーバーにも用いられます。

ペパーミント

「ペパーミント」とは、シソ科ハッカ属に属する植物で、原産は地中海沿岸、和名は「セイヨウハッカ」です。
「ペパーミント」は、英語で「胡椒」を意味する “Pepper” が名前の由来で、「ペッパーミント」とカタカナ表記されることもあります。
また、これにちなんで和名で「コショウハッカ」と呼ばれることもあります。
「スペアミント」同様、古くからハーブとして用いられている多年草のひとつですが、芳香の主成分はメントール「スペアミント」と比較して爽快感、冷涼感やスーっとした香りが強く、「スペアミント」と同様の利用方法以外に、臭みの強いラム肉豚肉などの肉料理に用いられたり、精油はアロマテラピーアロマオイルなど香料として利用されることも多いです。
なお「ペパーミント」は、「スペアミント」とウォーターミントの交雑種と考えられています。


■ Wikipedia スペアミント
■ Wikipedia ペパーミント
■ S&B エスビー食品株式会社 スパイス&ハーブ総合研究所 スペアミント
■ S&B エスビー食品株式会社 スパイス&ハーブ総合研究所 ペパーミント

「スペアミント」…中央ヨーロッパ原産のハッカ属の植物で和名はオランダハッカ
「ペパーミント」…地中海沿岸原産のハッカ属の植物で和名はセイヨウハッカ

「スペアミント」と「ペパーミント」の違いは?
Tagged on: