ハーブ

ハーブとは、料理において、食材に独特の芳香苦味、薬効を加える「調味料」のひとつで、日本語では「香草」や「薬草」といいます。
草本植物など緑色の部分を使い、そのまま、あるいは乾燥させる、粉砕するなどの加工を施して使用するものが多いです。
バジルレモングラスパセリカモミールローズマリーセージタイムなど様々な「ハーブ」があります。

ミント

ミントとは、シソハッカ属に属するユーラシア大陸原産の多年草の総称で、「ハーブ」の一種です。
葉に爽快感、冷涼感があるメントールを多く含んだ「ハーブ」で、パスタ料理デザートの添え物、臭みの強いラム肉豚肉などの肉料理に用いられるほか、カクテルアイスクリームガムなどにも用いられます。
また、歯磨き粉アロマテラピーアロマオイルなど香料として利用されることも多いです。


■ Wikipedia ハーブ
■ Wikipedia ミント

「ハーブ」…おもに草本植物の葉や茎など緑色の部分から作られる「香草」
「ミント」…シソ科ハッカ属に属するハーブの一種

「ハーブ」と「ミント」の違いは?
Tagged on: