トムヤムクン

トムヤムクンとは、エビ、フクロタケ、タケノコパクチーなどの具材が入ったスープで、辛味酸味が特徴のタイ料理です。
鶏ガラベースのスープにレモングラスココナッツミルク、ナンプラー(タイの魚醤)、プリッキーヌ(タイの唐辛子)、カー(タイのショウガ)、マナオ(タイのライム)、バイマクルー(こぶみかんの)などの調味料ハーブ類を用いた複雑な芳香と独特の風味を持ち、ボルシチブイヤベースと並んで、世界3大スープに数えられることもあります。
「トムヤムクン」の「トム」は「煮る」、「ヤム」は「混ぜる」、「クン」は「エビ」を意味し、「トム・ヤム・クン」と区切って表記される場合もあります。

サンラータン

サンラータンとは、豚挽肉豆腐、タケノコ、ニンジンシイタケキクラゲネギなどの具材が入ったスープで、酸味と辛味が特徴の中華料理です。
鶏ガラベースのスープに、唐辛子、胡椒生姜などで調味し、水溶き片栗粉でとろみ付けをして溶きを加えたものが一般的で、茹でたを加えて「サンラータン麺」として食されることもあります。
「サンラータン」は、漢字では「酸辣湯」と書き、「スーラータン」や「スァンラータン」と読まれることもあります。


■ Wikipedia トムヤムクン
■ Wikipedia 酸辣湯

「トムヤムクン」…エビ、フクロタケ、タケノコ、パクチーなどの具材が入ったタイ料理のスープ
「サンラータン」…豚挽肉、豆腐、タケノコ、ニンジン、シイタケ、キクラゲ、ネギなどが入った中華料理のスープ

「トムヤムクン」と「サンラータン」の違いは?
Tagged on: