ドリア

ドリアとは、ピラフチキンライスバターライスなどの米料理を耐熱皿に盛り、ベシャメルソースなどのホワイトソースチーズパン粉をかけて器ごとオーブンで焼いた日本発祥の料理です。
1930年頃、横浜ホテルニューグランドの初代総料理長であったサリー・ワイル氏の考案によるもので、15世紀ごろに活躍したジェノバの海軍提督アンドレア・ドーリア氏の名前を名称の由来とし、当時は「海将風」とも呼ばれることもあったといわれています。
魚介類をいれたシーフードドリア、鶏肉をいれたチキンドリア、ミートソースを用いたミートドリア、カレーピラフドライカレーを用いたカレードリアなど、様々なバリエーションがあります。
なお、「ドリア」という料理名は、欧米では通じないことも多く、「ライスグラタン」や「ライスキャセロール(rice casserole)」と呼ばれることが多いです。

ドリアン

ドリアンとは、アオイ目アオイ科の高木常緑樹、およびその果実のことです。
「ドリアン」の果実は、黄緑色の硬い状の果皮で覆われており、内部にある種子の表面を覆う果肉(仮種皮)が可食部になっています。
玉ねぎの腐敗臭や生ごみに例えられるほど強烈な臭いを放つことで知られ、飛行機内やホテル、公共の建物などへの持込みが禁止されていることが多いです。
果肉はクリームのような独特の舌触りと、濃厚な甘味があり、「果物の王様」と呼ばれることがあるほど豊かな味わいを持っています。
一方で、その激臭や、アルコール飲料とともに「ドリアン」を摂取すると死亡するという迷信から「悪魔のフルーツ」と呼ばれることもあります。


■ Wikipedia ドリア
■ Wikipedia ドリアン

「ドリア」…米料理にホワイトソース、チーズをかけてオーブンで焼いた日本発祥の料理
「ドリアン」…アオイ目アオイ科の高木常緑樹、およびその果実

「ドリア」と「ドリアン」の違いは?
Tagged on: