本来「穴を貫通させる」という意味の動詞であるピアス (pierce) 」ですが、日本ではアクセサリーそのものを指す名詞として使われることがほとんどです。

それを踏まえた上で、和製英語としての「ピアス」ボディピアスの違いですが、一般的に身体に開けた孔に取り付けるアクセサリー全般を「ピアス」といい、その中で14G(ゲージ)以上の太さのある常時装着したままのタイプを特に「ボディピアス」と呼び区別されています。

センタータン

耳たぶに装着し、毎日取り外すことを基本とした16G(ゲージ)以下の一般的な「ピアス」との大きな違いは、「ボディピアス」の素材にはサージカル(医療用)ステンレスなどの腐食に強くアレルギー性の低いものが使われており、常時装用を考慮した強度を得るためにゲージも太くなっています。
このため「ボディピアス」は耳たぶ以外に身体のあらゆる場所に装着することができます。
逆にそういった特徴から「ボディピアス」は耳たぶにつける一般的な「ピアス」に比較してデザイン性に限りがあり、耳たぶに装着する細いゲージの「ピアス」を「ファッションピアス」と呼ぶこともあります。


■ Wikipedia ピアス

身体に開けた孔に装着するアクセサリー全般が「ピアス」
その中でも常時装着するもので耳たぶ以外にも装着できるものが「ボディピアス」

「ピアス」と「ボディピアス」の違いは?
Tagged on: