有刺鉄線とは、先端を鋭利に尖らせた金属製(とげ)を、数cm~十数cmの一定間隔に巻き付けた鉄線のことです。
立ち入り禁止区域やプライベートな敷地への不法侵入防止や、農作物家畜太陽光発電パネルなどを野生動物や人から保護することを目的に、それらを囲うために用いられます。
「有刺線」の棘を茨(いばら)の棘に見立て「バラ線」と呼ぶこともあります。

有刺鉄線

鉄条網とは、鉄線を張り巡らせて作ったのことで、おもに「有刺鉄線」が使われます。
「有刺鉄線」格子状やコイル状に組み、外部からの敷地への進入や内部からの脱走を阻止する目的で、刑務所軍事基地国境線などに設置されます。
電気を流して人や動物が触れると感電させるものもあります。

鉄条網


■ Wikipedia 有刺鉄線
■ Wikipedia 鉄条網

「有刺鉄線」…金属製の棘を一定間隔に巻き付けた鉄線
「鉄条網」…有刺鉄線などの鉄線を張り巡らせて作った柵・網

「有刺鉄線」と「鉄条網」の違いは?
Tagged on: