映画スパイダーマンアメイジング・スパイダーマンは、いずれもアメリカ合衆国のマーヴェル・コミックが刊行するアメリカン・コミック “The Amazing Spider-Man” に登場する架空ヒーロー “Spider-Man” を主人公とした実写映画シリーズです。

Spider-Man

「スパイダーマン」とは2002年に公開された最初の実写映画で、スプラッター映画「死霊のはらわた」を手掛けたサム・ライミ氏が監督を、主人公Spider-Manの正体ピーター・パーカー役をトビー・マグワイア氏が務めます。
2004年には続編の「スパイダーマン2」、2007年には完結編の「スパイダーマン3」を公開し、全3部作として高い評価を獲得、興行的にも成功をおさめます。
好評を得たことから、制作会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは4~6作目の制作を発表しますが、監督側と制作会社との間で続編の構想に相違があり監督が降板になります。

トビー・マグワイア

「アメイジング・スパイダーマン」とは2012年に公開された「スパイダーマン」のリブート(シリーズにおける連続性を捨てて新たに一から仕切り直すこと)作品で、Green DayやWeezer、Maroon5など多くのアーティストPVを手掛けたマーク・ウェブ氏が監督を、ピーター・パーカー役をアンドリュー・ガーフィールド氏が務めます。
2014年には続編の「アメイジング・スパイダーマン2」が公開されました。
1963年に開始した原作漫画も、連載が長期化して複雑になりすぎたために、2000年にメインシリーズの設定をリセットして “Ultimate Spider-Man” として再開始しており、「アメイジング・スパイダーマン」は、タイトルこそ原作の “The Amazing Spider-Man” ですが、世界観は “Ultimate Spider-Man” に近いとされています。

アンドリュー・ガーフィールド

なお、2015年に映画化権を保有するニー・ピクチャーズエンタテイメントが、マーベル・スタジオとパートナーシップを締結、2016年公開のマーベル映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」にSpider-Manを出演させ、トム・ホランド氏をピーター・パーカー役として起用し、「アメイジング・スパイダーマン」の3作目以降は白紙となりました。


■ Wikipedia スパイダーマンの映画作品
■ Wikipedia スパイダーマン (映画)
■ Wikipedia スパイダーマン2
■ Wikipedia スパイダーマン3
■ Wikipedia アメイジング・スパイダーマン (映画)
■ Wikipedia アメイジング・スパイダーマン2

「スパイダーマン」…2002年公開、サム・ライミ監督による最初のSpider-Man実写映画シリーズ
「アメイジング・スパイダーマン」…2012年公開、マーク・ウェブ監督によるリブート作品シリーズ

映画「スパイダーマン」と「アメイジング・スパイダーマン」の違いは?
Tagged on: